絵の上達には苦難が伴います。そんな悩める人の為のサイト。 挫けず描き続けるための考え方や描き方を紹介していきます^_^

マエコのデジタル工房

デッサン 絵の上達法(考え方)

グリザイユ画法でリアルな絵を描く方法。立体感はたった4色で表現できる!?

更新日:

モノを立体的に描く方法の一つに陰をつけるという方法がありますが、

皆さんは陰をどうやって描いていますか?

 

なんとなく描いているだけになってないでしょうか?

デジ子
う〜ん…よく分からないから、取り敢えず端っこには陰描いとくよね…

マエコ
それそれ……

 

 

かくゆう僕も昔はそうやってました…
「取り敢えず端っこに陰つけとけ〜」って…

 

ですが、陰の出来方には、ある法則のようなものがあるんです。

それに従えば、もう「どこが陰になるかわからない」とか「どれくらいの濃さで描けばいいか分からない」なんてことにならずに済みます。

立体感と存在感のあるリアルな絵が描けるようになるんです。

 

という訳で今日は、その立体感あるリアルな絵を描く為の「陰が出来る法則」について説明していきます。

では見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

陰にも薄い陰と濃い陰がある、

陰のつけ方を説明する前に
まずはこの絵を見てください↓

陰と一言で言っても、色々あります、

ちょっと暗くなってる部分と凄く暗くなってる部分があったり…↓

 

それと、陰じゃない部分も見てください

明るい部分と凄く明るい部分がありますよね?↓

この違いはなぜ生まれるのでしょうか?

デジ子
……?

 

この違いが生まれる理由こそがリアルな陰を描くための法則なのです。

順番に説明していきますね。

マエコ
ちょっとややこしい話なので、じっくり読んでもらえると助かります^_^

 

光に対する面の角度によって差が生まれる

皆さんは「モノを面で捉えろ!」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

デジ子
ない!

 

……

聞いたことなくても大丈夫です。
別に誰かの名言という訳ではないので…

モノを立体的に描くには、この「モノを面でとらえる」という考え方がとても役に立ちます。簡単に説明しますね。

 

この世に存在するあらゆる物体は面で構成されています。6面体、12面体……球体も無数の面の集合体です。

この面に光が当たることで、僕達はその形を目で見ることができます。

 

そしてそれぞれの面は色んな方向を向いています。
を向いてる面(天面)、を向いてる面(側面)、を向いた面↓

そして、この面の向いている方向によって光が「当たる当たらない」、または「当たりやすい当たりにくい」、という差が出てくるのが分かるでしょうか?

デジ子
うんうん…それくらいなら分かる

 

例えば上から差してくる光に対して、下を向いてる面には光は当たらないですし、横を向いてる面にも少ししか光が当たらないです。

デジ子
うん、分かる分かる!

 

つまり、光に対する面の向き(角度)によって物体の明暗に差が生まれるということ。

マエコ
光に対する面の角度が少しでも変わると、その面の明るさも微妙に違ってきます。

これが立体感を出すポイントです。

デジ子
……そうなの???(←分かんなくなった)

 

スポンサーリンク  

 

もうちょっとややこしい話が続きます↓

光が当たりやすいのは、光に対して正面を向いてる面、または正面に近い角度で面している面です。↓

 

逆に光が当たりにくいのは、光に対して急な角度で面している面です。↓

(光に背いている面や光と平行な面には光は殆ど当たりません。)

 

つまり、光に対して面の角度が緩ければ緩いほど明るくなり、面の角度が急になればなるほど暗くなるということ。

 

それを踏まえて、一度身の回りにあるものを観察してみてください。部屋の照明に照らされているモノの面の角度とその明暗の違いをみてみて下さい。

「マエコの部屋」より↓

デジ子
きったな〜……

 

スマホで写真に撮って、モノクロのフィルターをかけると、明暗の差が分かりやすいです^_^

 

どうですか?観察してみましたか?

 

面の角度とその角度に応じた面の明るさについては、大体次の表の通りになってるはずです。↓

明るさは0〜10の10段階で、0が1番暗い、10が1番明るいに設定してます。

 

面の明るさはたったの4段階

リアルな陰影を描くのは一見難しいように感じますが、実は…

モノの立体感はさっきの表の4段階の明暗でほぼ全て表現できるんです。

この4段階(4色)↓

(厳密には面の角度は無限の段階があるのですが、リアルなイラストを描くだけなら、この4色で事足りるという意味です。誤解されませぬよう…)

 

実際に4つの明暗で描いた作例がこちら↓

 

これらは全て上の表の4色の明暗で描いてあります。

これに着色するとこうなります。↓

(こうゆう描き方を「グリザイユ画法」といいます。はじめに白黒だけで明暗を描いて、後で着色する描き方です。)

デジ子
グ、グランツーリスモ!?
マエコ
グ・リ・ザ・イ・ユ・…

 

若干敷居は高いかも知れませんが、

個人的に「グリザイユ画法で描けないものはない」と言っても過言ではないくらいオススメの描き方です。^_^

 

立体感のある絵を描くためには?

ずばり、立体感あるリアルな絵を描くためには、

モノを面で捉えて、それぞれの面の角度を想像し、それに応じた4段階の明暗を描き込んでいけばいいだけ

なんです。

 

この描き方は面の境界がはっきりしたモノ
、メカとかオブジェ、カクカクしたモノ、環境によって形の変わらないものを描く時に特に有効だと思います。

面を捉えやすいので。

 

一方、人物や動物などは、面が全てなだらかな曲面なのと、環境やポーズによって形が変わるので面の角度を捉えにくいです。↓

ですが、しっかりと想像力を働かせれば、4段階の内、どの明暗を塗れば良いかはちゃんと分かります。

多少の慣れと練習が必要ですが….

この描き方なら何を描くにしても立体的で確かな存在感を表現できるので、オススメです。

 

まとめ

意味わかりましたでしょうか?
ちょっとややこしかったでしょうか?

ポイントは2つです。

  • 物体の明暗の差は、物体を構成する面の角度によって決まるということ。

 

  • そして、その面の角度はたったの4段階に集約することができ、物体の立体感はそれに対応した4色の明暗で表現できるということ。

 

想像力を働かせて、描こうとする面の角度を割り出すことができれば、何でも立体的に描けるんです。

(理想を言うと3Dモデルを頭の中でグルグル回転させられるくらいになるのが理想……ですが流石にそんなことは出来ないと思います…

もちろん僕もそんなパソコンみたいな事は出来ません。)

 

この想像力を鍛えるための方法については、また今度紹介しますね。

今日は陰のつき方についてご説明しました。

それではまた^_^

 

………………………………………………………

スポンサーリンク


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

オススメ記事&広告

人気記事

オススメ記事

1

    今日は、今ではこれくらいの絵(↓)が描けるようになった僕の「絵の上達過程」を公開します。       子供の頃に描いた絵が実家からいくつか発掘 ...

2

    今日は、絵の上達過程公開の第2弾です^_^ 前回に引き続き昔描いていた絵を紹介しつつ、画力アップに役立つポイントなどお話ししていきます。 (前回の記事→絵は独学でもこんなに ...

3

  顔は描けるけど体が描けない? 顔を描くのが好きな人は多いけど、 ついつい体は練習不足になってないでしょうか? ……………………………………………………… スポンサーリンク この記事が気に ...

4

    「やさしい人物画は優しくない?!」       最近こんな声を耳にしました、 「優しい人物画って全然やさしくないやん!初心者向けって聞いたから ...

5

    というわけで今日も模写に関するお悩みについて考えてみましょう。 模写が苦手!下手! 早くオリジナルの絵が描きたいのに模写すら出来ない! そもそも模写ってやる意味あるのか!? ...

6

    模写って難しいですよね…   自分の好きに描けないし、なにより結構面倒くさいですし……^_^     僕も今でこそ出来るようにはなりましたが、 ...

7

  タイトル「クロス魔え子」2018.3月作   この女性の名前は魔え子、その魔え子が腕をクロスさせているので「クロス魔え子」です^_^   .   背景なし、 ...

8

……………………………………………………… スポンサーリンク この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow CGPoY967jpwfD2L

9

  今日はclip  studio paint(クリスタ)のオススメのブラシを紹介しますね、(元から入ってるデフォルトのヤツね、)     始めに言っちゃうと、オススメブ ...

10

  突然ですが、 「デジタルイラストってとっても楽しい」です^_^   なので、まだ絵を描き始めたばかりという初心者さんであってもデジタルで描いてみることをオススメしています、 ( ...

11

デッサンのしっかりした絵を描くには、ものを立体的に把握する必要があります。 そのためにはある考え方が役に立ちます。 それが、 「物体を面で捉える」ということ。 今日は、物体を面で捉えるとはどうゆう事な ...

12

タイトル「美しき邪道」2018.1月作   これは、コンセプトやテーマなど何にも考えず、とりあえずセクシーなイラストでも描こうか、と思って描いた作品… 当初は軽く描き上げるつもりだったのです ...

13

    顔を描く上で重要なことは、主に二つあります。 一つは、輪郭の形! もう一つは、 眉、目、鼻、口の各パーツの位置(場所)! です。     この二つが正し ...

-デッサン, 絵の上達法(考え方)

Copyright© マエコのデジタル工房 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.