絵の上達には苦難が伴います。そんな悩める人の為のサイト。 挫けず描き続けるための考え方や描き方を紹介していきます^_^

マエコのデジタル工房

デジタルイラストについて 絵の上達法(描き方)

厚塗りに最適!?クリスタ のおすすめデフォルトブラシ3選

更新日:

マエコ
こんにちわ、クリスタ使用歴3年目のマエコです

 

今日はclip  studio paint(クリスタ)のオススメのブラシを紹介しますね、(元から入ってるデフォルトのヤツね、)

デジ子
ブラシのカスタマイズ方法が分からない初心者向き?(私みたいな)
マエコ
そうだね、

 

 

始めに言っちゃうと、オススメブラシのランキングは、

第1位   水彩「塗り&馴染ませ」ブラシ
第2位  「デッサン鉛筆」ブラシ
第3位  「油彩」ブラシ

です。

 

その他のおすすめブラシ達もついでに紹介します。

  • チョーク
  • エアブラシ などなど

 

 

ではでは見ていきましょう、

マエコ
どちらかというと厚塗りとか、リアルタッチで描く人にオススメのブラシです

スポンサーリンク

 



第1位  水彩 色&馴染ませ

筆ツールの水彩カテゴリーの「塗り&馴染ませ」ブラシです。

描画パターンはこんな感じ↓

マエコ
ストロークの両端がフワッとなります、

 

僕が1番多様しているブラシです。
9割方これで描いてます^_^

 

どんな絵を描いてるかはこちらから↓

マエコのギャラリー

作画工程(メイキング)はこちらから↓

作画工程(雑記、日記など)

 

 

では続き↓

これ万能なんです!

このブラシの凄い所は筆圧次第で色んなブラシに変身する、っていう所。

デジ子
…変身?!
マエコ
時には強く、時には優しく撫でるように使えば、わざわざブラシを持ち変えなくてもこれ一本で色んなタッチを表現できるんです。

 

詳しく見ていきましょう

 

筆圧 : 強

筆圧強目で描くとくっきり描けるので線画にも使えます。
滑らかさとシャープさではGぺんには敵いませんが、このブラシのいい所は簡単にぼかせる(馴染ませる)ところ。

くっきりした線画はどうしても漫画ぽさが出てしまうので、リアルタッチで描く場合は、所々ボカすことでそれを緩和できます。

 

その時にこのブラシが便利なんです、
ただ優しくフワッと撫でるだけで馴染ませることが出来ます。

実例としては、↓

顔の輪郭や鼻先の輪郭、眉毛なんかは元々クッキリした線を引いてたんですが、「塗り&馴染ませ」ブラシでフワッとボカしています。

(この女性の作画工程はコチラから、)

 

服の皺が描きやすい

他には、服の皺を描く時なんかも便利ですね。

服の皺は、くっきりとした陰影と淡くグラデーションさせた陰影を上手く組み合わせる事でそれらしく見せることができるのですが、

筆圧の強弱だけでそれが表現できるので楽チンなんです。

 

他にも、金属の反射とかもこれで描いてます^_^

 

筆圧 : 中

筆圧の加減でエアブラシっぽくも使えます。

基本ハレーションを描く時はエアブラシを使いますが、この塗り&馴染ませブラシでも代用できます。

デジ子
ハレーション?

 

*ハレーションってゆうのは、光がブワ〜ッと溢れる表現のこと。眩しいくて直視できない夕日とか。

やり方は、まず光る部分に色を置いてそれをフワッフワ〜と放射状に広げるだけ、

 

あと
エアブラシほどモヤモヤにならないのもいい所

エアブラシは綺麗にグラデーション出来るから、初心者の頃は楽しくなって多用してたんだけど、
筆の跡が全く出ないからちょっと不自然なタッチになってしまうんですよね、

 

「塗り&馴染ませ」ブラシは程よく筆の跡が残せるので、手描き感も出せていい感じなんです^_^

 

筆圧 : 弱

優しくフワッと撫でると、なんと描いた部分が消えます!

デジ子
おお〜

 

消しゴムとしても使えるんですね、

 

 

マエコ
これ一本で、線画、塗り、ボカし、ハレーション、消しゴムの5役をこなしてくれるので、いちいちブラシを持ち替える必要がなく楽チンなんです^_^

 

初心者にも使いやすい

このブラシは僕が「clip  studio paint  (クリスタ)」を使い始めた頃からずっと使ってます、

どこかで初心者にオススメって書いてたのがきっかけで使い始めました、なので誰にとっても使いやすいと思いますよ^_^

デジ子

 

 

デメリット

このブラシには、テクスチャ感(手描き感)がほぼないので仕上がりがツルッとしてるというかヌメッとしてるというか、綺麗になり過ぎてしまいます

マエコ
CG特有のタッチというか、

 

好みの問題ですが、僕はあんまり好きではないです…適度なアナログ感が欲しいです、

 

以下ではそんな弱点を補ってくれるブラシを紹介しますね

 

 

第2位  デッサン鉛筆

鉛筆カテゴリーの「デッサン鉛筆」というブラシ

マエコ
ガサガサした質感のブラシです…

 

これもかなりお気に入りです、
程よいテクスチャ感があって手描き感が簡単に出せます、

 

ちなみにこのブラシ一本で描いた絵がこちら↓

なんか絵画風ですよね?

作画工程はこちらから↓

[イラスト制作過程]デジタル絵でも絵画風に描く方法

 

これもこのブラシで描きました↓

作画工程はこちらから↓

[イラストメイキング ]クリスタでロボットを描く!

 

 

マエコ
使い方も特に意識することはなく、手描き感が欲しいところにガシガシッと使います。簡単ですね。

 

雑に描いても、なんか上手く見せることが出来ます…、
雑だけどそれもテクの一つなのかな?」、と勘違いしてもらえるかもしれません^_^

 

 

ついでに鉛筆カテゴリーの他のブラシも紹介しときますね、

粗い鉛筆

これも結構好き

衣装の生地感を出す時によく使います。

描画パターンを拡大するとこんな感じ↓

マエコ
↑ちょっと見えにくいけど拡大すると生地感が見てとれます

 

設定で紙質を変更するとまた違う表現が出来るので、色々試すのが楽しいですよ、

 

リアル鉛筆

まだ使い慣れてないけど、あえて雑にはっきり描きたくない時なんかは、これも使えます、

ちなみにスケスケシャツのレースの部分はこれで描いてます。↓

 

では続き↓

第3位  油彩

筆ツールの「油彩」ブラシ

マエコ
ベタっとした描き心地です。ベタ塗りマーカーと水彩の中間くらいの感覚?

 

これは輪郭を描く時によく使います。
(輪郭というのは、顔の輪郭ではなくて物体の境界のことです。)

設定でブラシの硬さを2にして描くと程よくぼやけて周りのものと馴染んでくれます、

硬さが3以上だと境界がクッキリし過ぎて、ギザギザになってしまったり、いかにもCGという雰囲気が出てしまいます↓

硬さ2くらいて描けば、自然なタッチになります。

 

硬さの調節のやり方は、ツールプロパティでできます。↓

 

ちなみに硬さを1にしてブラシサイズを大きくして描くと、境界がかなり柔らかくなります、

かなりモヤッとします、

僕はこれを「天然ぼかしフィルター」って呼んでます、フィルター効果の「ガウスぼかし」をかけたみたいになるからです。

左上のジャケットの裾の輪郭がモヤッとボヤけていると思うんですが、これ「油彩」ブラシで硬さを1にして描いたらこうなります。

(地面に落ちてる花びらもそうです。)

マエコ
手軽に遠近感が出せてなかなか便利ですよ^_^

 

色の混ざり方が面白い、

この油彩ブラシ、色の混ざり方がなんか独特です。
まだ使いこなせてないけど是非極めたいですね、

 

 

 

他にも、よく使うブラシをついでに紹介しときますね。
質感表現とか、空気感とか出す時にちょくちょく使うブラシ達です。

 

スポンサーリンク  

質感・空気感用のブラシ

チョーク(紙質を油絵に設定)

鉛筆ツールのパステルカテゴリーの「チョーク」というブラシ

設定で紙質を油絵」にすると、こんな描画パターンになります、

 

雲や霧を描くときに最適です。

ポンポン叩くように描いては、ポンポン叩くように消すを繰り返して、濃淡を作っていくといい感じになります、

紙質の設定はツールプロパティで行います↓

 

墨ブラシ

筆ツールの墨カテゴリーの「濃い滲み」というブラシ

これもなかなか面白いです。
油染みとか、錆びや汚れを表現する時に使います。

↑泥がこびり付いた汚れをこのブラシで描いてます

エアブラシ

これはもう説明不要の便利ブラシ、ハレーションとかムラの少ないグラデーションが簡単にできるので
よく使います。

 

 

 

こんな所ですかね……

実は僕はデフォルトで入ってるブラシしか使ったことないんです、カスタムブラシのダウンロードの仕方が分からないまま今に至ってしまいました……^_^

独学あるあるですかね…

 

最後に

マエコ
いかがでしたでしょうか?
オススメブラシというか僕がよく使うブラシを紹介しただけですが、

 

結局のところ
どんなブラシでも使い込むことで、独自の表現って出来ると思うんですよね

上手い人の絵を見て、
この部分のタッチはどのブラシ使ってんだろ〜〜??」と、見よう見まねで色々試していると意外な使い道を発見できたりします、

それもまた面白いです。

 

よく「この絵のブラシ設定教えて下さい」、ってゆう質問を目にするけど、たとえそのブラシ設定が分かっても使いこなす技量がないと効果的に使えないと思うんですよね、

その絵が上手ければ上手い程。

 

なので、

 

マエコ

 

どのブラシでも使い込むことが大切です。

 

 

 

今日は厚塗りに最適なクリスタのオススメブラシのご紹介でした。

それではまた、他にも面白いブラシが見つかったら追記します。

 

ちなみに僕は普段「グリザイユ 画法」という描き方で絵を描いています、

なんじゃそりゃ?と思った方はこちらへ↓

オススメの描き方「グリザイユ 画法」によるイラスト制作過程!!

 

 

今回紹介したブラシが使えるペイントソフトはこれのことです↓

CLIP STUDIO PAINT PRO

 

マエコ
それではまた^_^

 

 

………………………………………………………

スポンサーリンク


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

オススメ記事&広告

人気記事

オススメ記事

1

    今日は、今ではこれくらいの絵(↓)が描けるようになった僕の「絵の上達過程」を公開します。       子供の頃に描いた絵が実家からいくつか発掘 ...

2

    今日は、絵の上達過程公開の第2弾です^_^ 前回に引き続き昔描いていた絵を紹介しつつ、画力アップに役立つポイントなどお話ししていきます。 (前回の記事→絵は独学でもこんなに ...

3

  顔は描けるけど体が描けない? 顔を描くのが好きな人は多いけど、 ついつい体は練習不足になってないでしょうか? ……………………………………………………… スポンサーリンク この記事が気に ...

4

    「やさしい人物画は優しくない?!」       最近こんな声を耳にしました、 「優しい人物画って全然やさしくないやん!初心者向けって聞いたから ...

5

    というわけで今日も模写に関するお悩みについて考えてみましょう。 模写が苦手!下手! 早くオリジナルの絵が描きたいのに模写すら出来ない! そもそも模写ってやる意味あるのか!? ...

6

    模写って難しいですよね…   自分の好きに描けないし、なにより結構面倒くさいですし……^_^     僕も今でこそ出来るようにはなりましたが、 ...

7

  タイトル「クロス魔え子」2018.3月作   この女性の名前は魔え子、その魔え子が腕をクロスさせているので「クロス魔え子」です^_^   .   背景なし、 ...

8

……………………………………………………… スポンサーリンク この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow CGPoY967jpwfD2L

9

  今日はclip  studio paint(クリスタ)のオススメのブラシを紹介しますね、(元から入ってるデフォルトのヤツね、)     始めに言っちゃうと、オススメブ ...

10

  突然ですが、 「デジタルイラストってとっても楽しい」です^_^   なので、まだ絵を描き始めたばかりという初心者さんであってもデジタルで描いてみることをオススメしています、 ( ...

11

デッサンのしっかりした絵を描くには、ものを立体的に把握する必要があります。 そのためにはある考え方が役に立ちます。 それが、 「物体を面で捉える」ということ。 今日は、物体を面で捉えるとはどうゆう事な ...

12

タイトル「美しき邪道」2018.1月作   これは、コンセプトやテーマなど何にも考えず、とりあえずセクシーなイラストでも描こうか、と思って描いた作品… 当初は軽く描き上げるつもりだったのです ...

13

    顔を描く上で重要なことは、主に二つあります。 一つは、輪郭の形! もう一つは、 眉、目、鼻、口の各パーツの位置(場所)! です。     この二つが正し ...

-デジタルイラストについて, 絵の上達法(描き方)

Copyright© マエコのデジタル工房 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.