絵の上達には苦難が伴います。そんな悩める人の為のサイト。 挫けず描き続けるための考え方や描き方を紹介していきます^_^

マエコのデジタル工房

上達の為の心構え 絵の上達法(考え方)

絵が上手い人の頭の中はどうなっている?!→頭の中の「アレ」がめっちゃ正確だった!!

更新日:

マエコ
こんにちわ、デジタルペインター、マエコです。

 

以前こんな記事を書きました→もうみるのも嫌!模写が出来ない人は頭の中にイメージをつくるのが苦手な人??

そして、この記事を読んでくれた 読者の方「Wさん」から内容の濃いご質問を頂きました。

マエコ
絵を頑張って描いておられる方からの濃いご質問には僕も心打たれてしまいます^_^

 

ご質問全文はこちら↓(ご本人様の了解を得て掲載させて頂いてます、もちろんお名前などプライバシーに関する部分は伏せております)

クリックすると拡大します↑

 

要約すると、Wさんは、

  • 10年以上絵を描いてきたが、イマイチ上達しなかった、
  • 模写は出来るようになったけど、どうしてもオリジナルの絵が描けるようにはならなかった
  • 身近にいる絵の上手い人に描き方を訊いたものの釈然としない返答しか得られなかった
  • 自分なりに解剖学、パース、色彩など一通り勉強したけど、それでも上手くいかなかった、
  • そんな時、僕の記事を読んで「頭の中のイメージを元に描く」という点に長年の悩みを解決するヒントがある気がした。「これで自分もオリジナルの絵が描けるようになるかもしれない!」と……
  • しかし、それと同時にある疑惑が生まれた…
  • もしかして絵の上手い人は頭の中に完璧なイメージを作る事が出来て、さらにそのイメージが紙の上にはっきり見えて、それをただなぞるだけで絵が描けてしまうのではないだろうか???」…と、

 

 

Wさんがまず確かめたかったのは、コレ↓だったのだと思います。

絵の上手い人は、結局のところ自分とは違う特殊な能力(才能)を持った人間なんじゃないだろうか?

(ここはWさんに確認した訳ではありません、僕の推測です。たぶんそこが知りたいのだろうな、と…。)

 

 

デジ子
うん…それは気になるよね

 

 

……分かります、これから絵を描くぞ!っとせっかくやる気になったのに、後になって「結局絵は特殊な才能がないと上手くならない」なんて事が発覚したら嫌ですもんね……
頑張る前に確かめておきたいですよね、!

 

 

 

という訳で、まずは結論から!

マエコ

大丈夫です!

絵の上手い人はその殆どが普通の人です!特殊な能力なんて持ち合わせていません!

自分で言うのもアレですが、少なくとも僕は普通の人です!

 

 

 

その根拠について詳しくお話ししていきますね。

それと、オリジナルの絵を描くために必要な「頭の中のアレ、」についても詳しくお話しします、絵が上手い人とそうでない人の頭の中のイメージはどう違うのか??

もうお分りの通り「アレ」とは「イメージ」のことです^_^

 

 

結構長い記事なので、じっくり読んでみて下さいね^_^

 

ではでは

 

スポンサーリンク

絵が上手い人の頭の中のイメージは完璧なのか?

まずはWさんへの僕のお返事メール全文です↓(これまた長文なので興味のある場合のみ読んでください、読まなくてもこの記事の内容は理解できますので、)

クリックすると拡大します↑

 

まずは、

  • 絵を描く時に頭の中に完璧なイメージがあるのか?
  • そして、そのイメージはどうゆうモノなのか?

という疑問にお答えします。

 

頭の中はモヤモヤで断片的

頭の中のイメージははっきりなんてしていません、

いつもモヤモヤしているし断片的にフワッフワッと見えるだけで、同じ位置に定着させることもできません、すぐにフッと消えてしまいます。

 

頭の中を言葉で説明するのは難しいので正確な表現ではないですが…僕が絵を描く時に見ている頭の中のイメージは大体そんな感じです。

 

デジ子
ふ〜ん、……意外と普通なのね、
マエコ
どうでしょう?
皆さんの頭の中のイメージはどんなんですか?
たぶん僕のと大差ないんじゃないでしょうか?

 

  • 断片的で、
  • モヤモヤしてて、
  • すぐ消えちゃう…

 

こんな感じですよね^_^

 

本人に確かめた訳ではないですが、絵の上手い人でも殆どの人がそうだと思いますよ^_^
(どんなに上手い人でも完璧なイメージを作れる人なんてそうはいない筈です。

多くのプロイラストレーターや漫画家の書斎の本棚が資料でギッシリなのがその証拠だと思います。完璧じゃないからこそ資料で補う必要があるんです。)

 

アタリを描く人ははっきりイメージできない人?

少なくとも絵を描く時、アタリから描き始める人はそうであるはずです。

モヤモヤしているからこそ、まずはアタリを取ることしか出来ません、
ですが、とりあえず見えたイメージを描き込むことで、モヤモヤしていたイメージが少しハッキリします。
そして、新たにハッキリしたイメージを元に、また描き込んでいきます。

 

 

一通り描き終えたら、再度頭の中のイメージと照らし合わせてみて「なんかおかしいな?、格好悪いな?」と感じる部分を一つ一つ描き直していきます。

余程描き慣れたものでなければ一発で描けないのが普通です、幾度かの修正を繰り返して自分の理想像に近づけて行く感じです、

 

何回描いてもおかしい場合は、頭の中のイメージが間違っているので、その時は資料をみて正しい形を確かめて描き直すしかありません。

 

 

こういった手順を繰り返すことで魅力的な絵が出来上がっていく訳です。

 

「想像力と資料」両方使って描く!

つまり、オリジナルの絵を描く時は、主に頭の中のイメージを元に描きますが「イメージできない、or イメージが曖昧なモノ」に関しては資料を参考に描かなければならないということ。

この2つを使い分ける必要があるんです。

 

 

…………

 

 

人によっては、「そんなこと当たり前だろ?なに改めて語ってるの?」と思ったかも知れません、

ですが、Wさんはその「頭の中のイメージを元に描く」という発想が今まで全く無かったとおっしゃっていました。

それに気付いたWさんからのメッセージがこちら↓

クリックすると拡大します↑

 

これは僕にとってもとても意外な事実でした。

と言うのも、僕自身も「オリジナルの絵を描く時、頭の中のイメージを元に描くことは当たり前のことだ」と思っていたからです。

 

絵の描き方は無意識に習得していく、だから言葉では説明しにくい

僕は子供の頃、模写をやっていて「ただ写すのではなく、その描き方を覚えていかなければオリジナルの絵を描けるようにはならない」ということに偶然気がつきました、

(参考記事→絵は独学でもこんなに上手くなる!ド下手だった僕の10年間の上達過程公開!!)

 

だからコレは絵を描く人みんなが持っている当たり前の共通認識だと勝手に思っていたのです。

 

でも、そうではなかったのですね……

 

こうゆう普段無意識にやっていることを改めて言葉で説明することで、「絵の描き方がわかった!」「それなら自分にも出来そうだ!」とやる気になってもらえるという事実は、Wさんとのやり取りで初めて分かったことでした。

 

マエコ
Wさん、ご質問頂き僕にとってもとても勉強になりました。ありがとうございました

 

絵の上手い人に「描き方」を訊いてもイマイチ参考にならない返答しかしてくれないのは、本人もそれを自覚できていないからです、言葉で説明できないんですね。

それか、ガチで説明するとなると、この記事みたいにクソ長くなるからですね、……

マエコ
こんなに語られたらドン引きしちゃいますからね^_^

 

 

では続いて「絵が上手い人」と「そうでない人」とで頭の中のイメージがどう違うのか?について詳しくお話しします、

スポンサーリンク  

絵の上手い人の頭の中はどうなってる?!

ここまで読んで頂いて次のような疑問を持たれた方もいるかも知れないですね、

デジ子

頭の中のイメージがモヤモヤしてるなら、結局上手く描けないんじゃないの??


モヤモヤしたものを見て描いてもモヤモヤした絵にしかならないでしょ?

 

…と

 

お気持ちは分かりますが、それはちょっと違うのです。

 

絵が上手い人の頭の中のイメージは、断片的ではあるものの、その一つ一つは間違いの少ない正確なものなんです。

上手い人の頭の中↓

 

モヤモヤしていてバラバラではあるんですが、その中身は確か(正確)なものなのです。

 

それに対して絵が得意でない人の頭の中のイメージは断片的な上に間違いだらけです

絵が得意でない人の頭の中↓

 

↑ちょっと極端に描いてます

 

これを正確なものにすることが出来たなら、絵やイラストに纏わるあらゆる問題は解決します。

 

間違いだらけのイメージを正確なものに正す方法は?!

上手い人は絵の描き方を覚えていく

頭の中に正確なイメージを思い描くことが出来たなら、絶対に上手な絵が描けるようになります!

その為の練習方法こそ、絵の上達の基礎として名高い「模写デッサン」なんです。

マエコ
模写やデッサンをやることで絵は確実に上手くなります。オリジナルの絵だって必ず描けるようになります!

 

 

…と言っても「ただ描き写していればいいのか?」というと、それではダメです。^_^

 

見なくても描けるようにする!つまり「描き方を覚える」という意識が必要です。

何度も模写を繰り返し、その描き方を覚える事で段々と頭の中のイメージが正確なものに是正されてくるんです。

模写をやればやるほど、頭の中には正確なイメージが蓄積されていくんです。

描き写して「はい、終わり」ではなく、見なくても描けるように!と意識して「描き方を覚える」ことで想像で描けるモノが増えていくのを実感できるはずです。

 

要は「覚える」ということが最大のポイントなんです。

(参考記事→模写は出来るけどオリジナルの絵・イラストが描けない!を解決する!!)

そんなこと意識したことなかった?!、という方も沢山いるのではないでしょうか?

 

絵が下手な人でも「覚えれば」上手くなる

それに対して
絵が上手に描けない人は、頭の中のイメージが間違いだらけのままなんです。

その原因は、

  • 模写デッサン不足(=いつも勝手な想像だけで描いてしまっている)
  • 観察不足(=ちゃんと観てないから、モチーフの正確な形を認識できていない)
  • 模写はしているけど覚えることをしていない(=間違ったイメージが訂正・更新されない、描けるモノが増えない)
  • そもそも覚えなきゃいけないなんて知らなかった、
  • ただ描き写していればいつかは描けるようになると思っていた……

などなど。

 

これでは、一向に頭の中には正確なイメージが作られないし、間違いだらけのイメージが是正されることもありません。

この状態でオリジナルの絵を描いても「なんだか変な絵になってしまう」のは仕方がないことです…

 

 

「絵の上達にはまずは模写デッサン!」と一般的に言われている理由はこういうことなんです。

マエコ
 沢山デッサンしてモチーフの正しい形・イメージを頭に叩き込んでいきましょう!

 

 

 

 

ではもう一つ、頭の中に正確なイメージをつくるのに有効な別の方法も紹介します。

日常生活でもできる頭の中にイメージを作る練習方法とは??

普段の生活の中で、「頭の中にイメージを思い描いて、それを指でなぞる習慣をつける」といいです。

例えば、 ある日の昼間に人体解剖図を参考に腕の形を模写したとします。

 

その後、どこかのタイミング(例えば入浴の際など) で昼間描いた腕の形を頭の中に思い出してみて、 そのイメージを指でなぞってみましょう。

その時、たぶん思い出せない箇所があると思います、( 肘の骨の出っ張り具合だったり、 手と腕の付け根はどんなラインだったか…とか)

なので、お風呂から上がったら人体解剖図を開いてそれを確かめて下さい。(見るだけでもOKです。)

 

 

こういった事が習慣化出来ればどんどんオリジナルの絵を描くため のイメージが頭の中に蓄積されていくので、色々描けるようになってきます。

 

一言で言うと「頭の中で絵を描く」ってことですね。これなら道具がなくてもいつでも絵が描けるので便利です。

 

最後に、(全てを覚えるのは無理かも?)

ここまで読んで頂いて

デジ子

よし分かった!

なら全部覚えてやるわ!なんでも想像で描けるようになってやるもん!

 

と息巻いている方がおられるかもしれません、

 

 

水を差すようで申し訳ないですが、それは正直難しいかもしれません……

理由は単純に量が多すぎるからです

(ちなみに僕が資料を見なくても想像で描けるのは女性の顔だけです。そしてそれには9年という歳月を費やしました……


詳しくはこちらの記事を参考に→理想の顔を描くのに9年かかった話)

 

キャラクター、衣装、背景、クリーチャー、メカ、…などなど、全ての描き方を覚えるのは不可能ではないにしてもかなりの労力を伴います、

それで描くのが嫌になってしまったら元も子もありません……^_^

 

ではどうすれば良いのか?

ただ一つの得意分野があるからこそ、上手くなれる

初心者の方は、まずはなんでも良いので「これだけは上手く描ける、これだけは得意!」というものを作ることをオススメします!

  • キャラクターの顔だけは上手く描ける!
  • 動物を可愛く描くなら私に任せろ!
  • メカの細かいディテールを描くのは大好きだ!

…などなどなんでも

 

なぜなら、上手い人の多くは「描くのが楽しくて堪らないモノ」が一つでもあったからこそ、挫けず描き続ける事が出来たのだと思うからです。

苦手な分野からも目を背けずちゃんと練習してきたからでは?と思うかもしれませんが、実際問題そんな辛いことを継続できる人は極少数です……

 

特に独学で描いていくのなら、挫けそうになった時自分を支えてくれるのは、「これだけは上手く描ける!これだけは描くのが好き!」という単純な気持ち(気分)だけなんです。

 

要は、「絵を描くのが好きかどうか」ということ。

 

マエコ
何か一つでも得意なモノがあれば、この気持ちを失うことはありません……(失くしそうになることはありますが^_^)

 

「オレは上手い!なんでも描ける!」と勘違い出来れば勝ち?!

そして、ただ一つの得意なものの描き方を覚えてさえいれば、他の全てを描ける気になれます^_^

たとえそれが勘違いであろうとも、描き続ける為のパワーになります^_^

 

「オレはキャラクターの顔なら誰よりも上手く描ける、だからメカだって、背景だってその気になったら描けるはずだ!」

僕はずっとこう勘違いしてきたからこそ描き続けることができたのだと思います。^_^
(もちろんこの勘違いが覆されそうな程悩んでいたことも過去にありました、ですがなんとか今に至っています)

 

過去の絵↓

顔は誰よりも上手く描ける??壮絶な勘違いですよね^_^

 

まずは好きなものから!

だから絵を描いてみようと思い立ったなら、まずは好きなものをとことん描いて、その描き方を覚えて自在に描けるようになってみて下さい!

 

まずは、ただ一つの好きなモノだけでいいです。

 

自分の好きなものをイメージ通りに描ける楽しさ&喜びを知ったなら、もう教えることなんて何もありません。
アナタは誰に言われるでもなく自分の理想に向かって突き進んでいくことでしょう。

 

 

マエコ

そして心ゆくまで描きまくっていきましょう^_^

 

 

 

 

という訳で、今日は「絵の上手い人の頭の中のイメージはどんなものか?」についてのお話でした^_^
(なんか後半話変わっちゃった??)

 

魅力的なオリジナルイラストを描くために!これから「覚えるための模写デッサン」をやってイメージ作りに励んでいきましょう^_^

 

それではまた^_^

………………………………………………………

スポンサーリンク


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

オススメ記事&広告

人気記事

オススメ記事

1

    今日は、今ではこれくらいの絵(↓)が描けるようになった僕の「絵の上達過程」を公開します。       子供の頃に描いた絵が実家からいくつか発掘 ...

2

    今日は、絵の上達過程公開の第2弾です^_^ 前回に引き続き昔描いていた絵を紹介しつつ、画力アップに役立つポイントなどお話ししていきます。 (前回の記事→絵は独学でもこんなに ...

3

  顔は描けるけど体が描けない? 顔を描くのが好きな人は多いけど、 ついつい体は練習不足になってないでしょうか? ……………………………………………………… スポンサーリンク この記事が気に ...

4

    「やさしい人物画は優しくない?!」       最近こんな声を耳にしました、 「優しい人物画って全然やさしくないやん!初心者向けって聞いたから ...

5

    というわけで今日も模写に関するお悩みについて考えてみましょう。 模写が苦手!下手! 早くオリジナルの絵が描きたいのに模写すら出来ない! そもそも模写ってやる意味あるのか!? ...

6

    模写って難しいですよね…   自分の好きに描けないし、なにより結構面倒くさいですし……^_^     僕も今でこそ出来るようにはなりましたが、 ...

7

  タイトル「クロス魔え子」2018.3月作   この女性の名前は魔え子、その魔え子が腕をクロスさせているので「クロス魔え子」です^_^   .   背景なし、 ...

8

……………………………………………………… スポンサーリンク この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow CGPoY967jpwfD2L

9

  今日はclip  studio paint(クリスタ)のオススメのブラシを紹介しますね、(元から入ってるデフォルトのヤツね、)     始めに言っちゃうと、オススメブ ...

10

  突然ですが、 「デジタルイラストってとっても楽しい」です^_^   なので、まだ絵を描き始めたばかりという初心者さんであってもデジタルで描いてみることをオススメしています、 ( ...

11

デッサンのしっかりした絵を描くには、ものを立体的に把握する必要があります。 そのためにはある考え方が役に立ちます。 それが、 「物体を面で捉える」ということ。 今日は、物体を面で捉えるとはどうゆう事な ...

12

タイトル「美しき邪道」2018.1月作   これは、コンセプトやテーマなど何にも考えず、とりあえずセクシーなイラストでも描こうか、と思って描いた作品… 当初は軽く描き上げるつもりだったのです ...

13

    顔を描く上で重要なことは、主に二つあります。 一つは、輪郭の形! もう一つは、 眉、目、鼻、口の各パーツの位置(場所)! です。     この二つが正し ...

-上達の為の心構え, 絵の上達法(考え方)

Copyright© マエコのデジタル工房 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.